ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

【ガルパン】「38(t)」→「ヘッツァー」に改造!!

 美少女&戦車という異色の組み合わせが人気の『ガールズ&パンツァー(ガルパン)

 最初からヒロイン達が使用している戦車は強豪校の戦車に比べるとかなり貧弱で、物語中盤で「IV号戦車D型」が長砲身の戦車砲に換装して「IV号戦車F2型」相当に改造されていたのですが、第10話ではさらに別の戦車が改造を施したうえで登場しました。

 軽駆逐戦車「ヘッツァー」です。

 これは「カメさんチーム(生徒会チーム)が搭乗する「38(t)戦車B/C型」をベースに、なんと「改造キット」「けっこう無理矢理」に利用して改造したもの。
 実物の「ヘッツァー」は、「38(t)戦車」の車台をベースにしつつも、サイズの変更や細部の変更を行っているので、完全な流用ではないのですが、そこは「自動車部の技術力で」(笑)乗り切ったものと解釈できます。



 これまでのところ、「ガルパン仕様」の「ヘッツァー」は製品化されていないので、既存の製品を紹介していきます。
 (まず1/35スケール製品を紹介しています。1/48スケール製品は、他の戦車ともども年明け後にでも改めて……)


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー

 【発売】タミヤ
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2007年7月21日
 【税込価格】3,360円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,785円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、コンバットコミックの大家・小林 源文(もとふみ)氏の著作『黒騎士物語』仕様の製品。
 モデルは「中期型」です。


パッケージ

Amazonで購入



 黒騎士物語 1/35 WW.II ドイツ軍 軽駆逐戦車 ヘッツァー 中期型 黒騎士中隊 【CH6661】

 【発売】サイバーホビー
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2011年5月17日
 【税込価格】3,200円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,688円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、「後期型」のモデル。


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 ヘッツァー後期型

 【発売】アカデミー
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2012年4月24日
 【税込価格】3,150円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,993円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、「指揮車」バージョン。


パッケージ

Amazonで購入



 プラモデル 1/35 ヘッツァー コマンドバージョン w/タンククルー

 【発売】ドラゴンモデル
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2009年3月10日
 【税込価格】3,280円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「3,280円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール





 「ヘッツァー」は、次第に陳腐化していった「38(t)軽戦車」の車台をベースとした軽駆逐戦車として開発されました。
 本来「ヘッツァー」という愛称は軽駆逐戦車「E-10」用意されていたようなんですが、後から始まった本車の開発がスムーズに進んだこともあって、いつのまにか本車が「ヘッツァー」になった……ようです。

 小柄な車体に傾斜装甲に囲まれた固定戦闘室を搭載し、48口径75mm戦車砲を搭載。
 駆逐戦車としてはかなり小型で簡便な兵器で、当時のドイツ軍の主力「IV号戦車」の半額で製造できたそうです。
 見た目には機敏そうな本車ですが、実際には主砲がオフセット装備となっているため安定性が悪いとか、レイアウトの制約上右側に死角が多いとか、軽量・安価・簡便を実現したことと引き替えに目をつぶっている要素も結構あります。

 本車の正しい運用方法は、小隊単位で待ち伏せして、いずれかの敵戦車1両に集中砲火を浴びせて撃破しつつ、適宜陣地転換を行って防御していく……というものでした。
 (「まとまった数」で「運用方法を間違わなければ」活躍しましたが、そうでない場合は……)



 ちなみに「ヘッツァー」とはドイツ語で「(狩りの際の)勢子」という意味です。
 名称は「勢子」ですが、実際には本車そのものが敵戦車を仕留める役割。しかも「勢子」というと機敏に動き回る印象ですが、本車は基本的に待ち伏せ戦術を採ります。
 つまり、名称とは正反対の役割を担うというわけです。

 ドイツの兵器名称は、このように名称とは正反対の役割を担うものが少なくないので、「じっとしている」駆逐戦車に「動き回る」イメージが強い名称を与えたのは、その線での判断だったのかも?


 他の戦車については、また機会を改めて。



■  [PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 08:00 | アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakadashi.exblog.jp/tb/19041052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2013年4月までの即売会参加予定 2013年2月11日「サンシャ... >>