ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

カテゴリ:ゲーム( 6 )

『超兄貴』サントラCD、今でも普通に買えるとは……!!!!

 かつてPCエンジン用に発売され、その独特すぎる世界観で大いに話題となった横スクロール型シューティングゲーム『超兄貴』
 ゲーム本編以上に話題騒然となったのが、葉山 宏治が作曲を担当した素晴らしすぎるBGM
 サントラCDは1993年にリリース。ゲームのBGMに惚れ込んだ人がサントラCDを買って友人に聴かせ、その友人もサントラCDを買って……と、どんどん拡散。
 その後、ゲームの『超兄貴』は続編が発売されたり他機種へ移植されたり、サントラCDも1998年に再販されたり……。

 で、なんとそのサントラCDが今でも普通に流通していることをつい先日知ってビックリ!!



 一部ショップだけに流通してるのか……と思って「Amazon.co.jp」を調べてみたら、こちらにもちゃんと在庫が!



 『超兄貴』のBGMとサントラ収録曲がどれほどインパクトがあるのかは、「Amazon.co.jp」の商品ページで全32曲を視聴できるので、ぜひお試しを……!!





パッケージ

Amazonで購入



 超兄貴~兄貴のすべて~

 【発売】日本コロムビア
 【ジャンル】音楽CD
 【発売日】1998年5月21日(再販)
 【税込価格】2,484円
 【メディア】CD 1枚
 【備考】収録時間:50分





 そして!
 『超兄貴』といえば、ゲーム本編やサントラCDだけでなく、田丸 浩史 氏によるハイテンション過ぎるコミック版も!
 オリジナル版のコミックは入手困難ですが、2010年にエンターブレインが出版した新版は入手できます。









パッケージ

Amazonで購入



 超兄貴 FUG (上) (マジキューコミックス)

 【発売】エンターブレイン
 【ジャンル】コミック
 【発売日】2010年11月25日
 【税込価格】1,404円
 【判型】A5判
 【備考】






パッケージ

Amazonで購入



 超兄貴 FUG (下) (マジキューコミックス)

 【発売】エンターブレイン
 【ジャンル】コミック
 【発売日】2010年11月25日
 【税込価格】1,404円
 【判型】A5判
 【備考】





 何しろオリジナルの『超兄貴』が1993年の発売(22年前!)ですので、この作品の存在を知らなかった(まだ生まれていなかった)という人も少なくないと思いますが……。
 状況が激変したのは、TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』が放映されたこと。
 エンディング曲「吹雪」が『超兄貴』サントラCD収録曲「兄貴と私」に似ている(!!)ということで一躍話題に……!!



 良い機会ですので、ぜひ元ネタの作品にも触れていただければなあ……と思います。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2015-03-17 12:39 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

FF14

 こんなメールが来たのは初めて。

 昨日、ユーザー登録してある『ファイナルファンタジー14』について、メーカーから「お詫び」メールが届く。

 コンテンツが不十分であった。
 開発体制を刷新し仕切直す。
 正式サービス開始は延期する。
 PS3版の発売も延期する。

 例によって、登録はしたものの遊ぶ時間がなく放置していたので、これは驚いた。

 私自身はこれまで『ファイナルファンタジー』シリーズとは無縁で、今回が初めての関わりとなった。
 なので、シリーズに対する思い入れは皆無で、予備知識もほとんどない。
 また、オンラインゲームはマイペースで遊べれば良いので、こちらの面でも事前の期待はたいしてなかった。
 とりあえずインストールして、トータルで1時間ほど遊んだところで止まっている程度だから、面白いも何もまだ分からない。

 全般的にユーザーの感想というは、実はかなり辛辣。
 つい先日、打ち合わせで会った御仁は、ネット上の評判が手酷いため、未だに購入せずにいるそうな。

 で、今回のお詫びメール。
 放置しておけば悪評が広まる一方なので、単に一メーカーとしての立場ではなく、上場企業としても放置できなかったのだろう。

 それにしても、なあ……。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2010-12-12 21:15 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

今週末は「東京ゲームショウ」

 今年も「東京ゲームショウ」の開催時期が迫ってきました。

 今年は9月16日(木)・17日(金)がプレス日(報道関係者だけの限定公開)、18日(土)・19日(日)が一般公開となります。

・「東京ゲームショウ」公式サイト
 http://tgs.cesa.or.jp/


 入場料は、一般(中学生以上)が前売:1,000円(税込)です。
 公式サイトではオンラインチケットの販売も行っています(クレジットカード決済、コンビニ決済を用意)。

 ゲームにご興味がある方は、この週末「幕張メッセ」に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 グッズ類の物販コーナーもあります。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2010-09-13 14:35 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

D&Dと指輪

 『ダンジョンズ&ドラゴンズ』といえば、テーブルトークRPGの大御所。『ロード・オブ・ザ・リング』といえば、ご存じトールキン原作のファンタジー巨編。

 この2作品がオンラインゲームとなり、『ダンジョンズ&ドラゴンズ・オンライン ストームリーチ』は昨年夏からサービス提供中、『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』は6月1日から正式サービス開始予定です。
 いずれも米国生まれで、日本国内では「さくらインターネット」が運営しています。

・『ダンジョンズ&ドラゴンズ オンライン ストームリーチ』公式サイト
 http://www.ddo-japan.com/

・『ロード・オブ・ザ・リングス アングマールの影』公式サイト
 http://www.lotro-japan.com/


 で……。

 以前から気になっていたので、それぞれ少しずつ遊んでみたんですが、思いのほか操作が難しい。
 『リネージュII』の操作に慣れきっていたので、キャラクターの移動をマウス一つでは行えず、マウスでキャラの向きを変え、「W」キーを押さないと前進しない……というのは、かなり違和感が。
 しかも、戦闘をある程度自動処理してくれる『リネージュII』とは異なり、まるでアクションRPGのように操作を続けないといけない……。

 どちらもかなりの本格派なだけに、馴染みの薄い操作感と、日本のゲーム好きにとっては「ごつすぎる」キャラクターのビジュアルで、相当損しているような印象を受けました。

 決して悪いゲームではないんですよ、くどいようですが……。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2007-05-25 23:00 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

『大航海時代 Onilne』

 このところ、ひょんなことがきっかけで『大航海時代 Onilne』を試遊しています。

 元々『大航海時代』シリーズ自体は結構やっていて、交易で利益を上げても良し、戦闘艦を建造して海賊を撃退しても良し……と、他にはない独特の面白さがありました。

 で、遅ればせながら(サービス開始から1年も経ってから)遊んでみた『大航海時代 Onilne』も、その独特な面白さは相変わらずで、「かなり面白いゲーム」です。
 あまり長時間遊んでいるワケにも行かないので、週末などにちょっと遊ぶ程度ですが、同時期にゲームを始めた地元の友人達と艦隊を編成してクエストを受けたりしてます。

 今後の問題は、無料プレイ期間が切れた後で課金プレイに移行するかどうかですかね(苦笑)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2006-06-05 12:00 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

PS2版『アドバンスド大戦略』

c0001319_16282383.jpg PS2版として復活した『アドバンスド大戦略』。
 ええ、もちろん買いましたとも。

 メガドライブ版発売当時、「究極」と称されたセガ製『大戦略』で、そのこだわりよう、登場兵器の多彩さ、システムは高く評価されていました。
 (ただ、第二次大戦の兵器に詳しくないと、ちょっと難儀するかも……)

 また、CPU側の思考時間が長く、4ヶ国戦ともなると自分の手番になるまで30分はかかる(!!)というのも話題となりました。
 「待ち時間で風呂に入れる」とは、当時よく言われた話です。

 今回のPS2版はリメイク版で、価格は2,500円、もちろん思考時間も「迅速に」なっています。

 ま、キャンペーンなんかをうっかり始めると、それこそ本当に時間との戦争に突入してしまうので、『大戦略』ではおなじみの「アイランドキャンペーン」をちょっとやってます。

 ……当時の裏技(マップエディットモード)なんかも使えようになってるのかな?
[PR]
by nakadashi_tomo | 2006-02-24 16:29 | ゲーム | Trackback | Comments(0)