ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

カテゴリ:おバカ企画( 4 )

爆食!! 台湾料理「四季紅」(定食編)

 今を遡ること、12年ほど前。
 渋谷・道玄坂の上に「台南担仔麺(たいなんたーみー)」という台湾料理店がありました。
 ここのランチは500円(2002年頃)で、ご飯・主菜・副菜・スープがセットになっているほか、パラパラのチャーハンと、「愛玉子(オーギョーチ)」などの日替わりデザートが取り放題という、トンでもなく割安な食堂として日々重宝(おかげで体重もずいぶん増加……)。
 台湾料理はたいていの品は私の口には合い、苦手な人も少なくない「香菜(シャンツァイ/コリアンダーです)」も全く問題なく、この頃すっかり台湾料理大好き人間に。

 数年前、地元の周辺エリアに「四季紅(しきこう)」という台湾料理店が複数あることに気付いて、いつかは食べに行こう……と思いつつもなかなか行けずにいたのですが、あるとき友人達と「どこかで夕飯を食べよう」という話になって、「じゃあ……」ということで行ってみたわけですよ。

 なんだこの大盛りは!!(笑)

c0001319_2015275.jpg


 ご飯(白米)の量は、普通に頼んでいるのに1.5~2人分。
 主菜がしっかり盛ってあるだけでなく、副菜も主菜クラスの量。
 これ、少食の人ならば、定食一つで2~3人分以上の量があります。

c0001319_20181928.jpg


 いやもう、ここは大食漢にとっては天国!!(笑)
 食が進むのなんのって。
 店の雰囲気も味付けも「台湾料理の大衆食堂」ってな感じで、全然気取った感じがないところが好ましい!
 デザートについてくる杏仁豆腐は「本物」で、これも美味!

c0001319_20192139.jpg


 「四季紅」はランチタイムの設定があって、その時間なら定食は600円(安!)。
 ディナータイムになると定食は980円になりますが、ご覧の通りの大量で、むしろ割安感が!


 他にも、ある意味定食より危険度が高い「ラーメンセット」や、油断してると爆沈必至の「単品」メニューなど、この台湾食堂の話題には事欠きません(笑)ので、また次回モロモロご紹介!!
[PR]
by nakadashi_tomo | 2014-03-10 20:26 | おバカ企画 | Trackback | Comments(2)

ナポなう!! 「スパゲティのパンチョ」を攻略せよ

 先日テレビで紹介してた大盛りナポリタンの店「スパゲッティーのパンチョ」
 秋葉原にパソコン関連の買い出しに行ったついでに、その秋葉原店に立ち寄ってみました。

 こんなこともあろうかと、今朝は朝食を食べてません。
 (というより、食べ損ねたまま出かける時間になってしまったってのが真相に近いんですが……)

c0001319_1820995.jpg


 店は「たちばな書店」の地下にあります。

c0001319_1817451.jpg


 基本的に、ナポリタンとミートソースのメニューが中心です。右下にテレビでも紹介された「ナポリタン星人」(2,300g!!)が。
 「ナポリタン星人」のキャッチコピーは「食えるもんなら食ってみろ!!」とありますが、「食えるわきゃないだろ」(苦笑)。

c0001319_1820518.jpg


 うーん、かなり挑戦的なマットです。

c0001319_18212456.jpg


 さながら、地下迷宮に巣くう怪物「ナポリタン」と「ミートソース」を退治しに行くようなノリでしょうか。

c0001319_1822052.jpg


 階段の踊り場に券売機が設置してあって、ここでまず食券を購入します。

c0001319_18223651.jpg


 参考用のサンプル。左から「大盛り」(600g)、「並盛り」(400g)、「ミニ」(250g)です。

c0001319_1823194.jpg


 券売機の横には、デカ盛りメニューに対する注意書きが。

 「兄貴」(1,200g)、「番長」(1,600g)、「星人」(2,300g)。

 特に「星人」は「頑張っても無理なので 一般の方は挑戦しないこと」とあります。
 ちなみに、このお店ではデカ盛りを頼んでギブアップしそうになっても、誰も手助けしてはいけない掟があります。

 注文は1人1皿、食べきれる分だけ注文しましょう。 


 ……というわけで、間違いなく「並盛り」は食べ切れるだろうことが分かっているので、今回は「大盛り」を注文。

c0001319_18241475.jpg
 

 写真で見るとあまり実感が沸きませんが……。
 普通の店のパスタと比べると麺の太さがかなり太い。
 このため、麺の総本数はさほど多くないのかも知れないのですが、1本あたりの重さは段違いに重く、明らかに最初の段階で「横綱級」です。 

 いざ、実食。

 一口目から、かなり濃い(しょっぱい)味付けです。「美味」ではありませんが、まあ「懐かしい味」といえると思います。
 弁当の付け合わせで一口サイズならありがちですが、それが600gあります。

c0001319_18244984.jpg


 食べてる途中でふと気がつきました。

 そういえば、昨年末「成敗」したデカ盛りハンバーグ「エンペラー」は、ハンバーグの総重量が450gだったということに。

 今回は「麺だけで600g」です。

 これは手強い。
 間違っても「兄貴」とか「番長」を頼んではいけない。
 ましてや「星人」など、返り討ちに遭うのが必定です。


 ……というわけで、向こうのテーブルに「ナポリタン番長」が届くのを見届けながら、完食。

c0001319_18254034.jpg



 そういえば一人暮らしをしていた頃、自炊で山盛りパスタを食べる機会が結構ありました。
 その頃は貧乏だったので(今も貧乏ですが)、パスタはそれなりに大量に茹でて、ミートソースはできるだけ使わないようにしていたものでした。
 この店は、パスタの量も、使ってるソースの量も、当時の比ではありません(なんて豪勢なんだ!!/笑)。

 結論としては、やはり一度は訪れたい店であることは間違いないのですが、だからといってわざわざ通いたいか? ……と聞かれれば、ネタ作りで誰かを連れて行く場合はともかく、一月に一度行けばいいか、という感じ。

 とにかく、味付けが濃い(「濃いめ」ではなく、「濃い」)ので、健康面に不安のある人にはオススメできません。
 くれぐれも、ご自分の胃の容量と、健康状態を勘案した食べ方をオススメします。

 他のお客さんの注文状況を見聞きした感じでは、成人男子で少食でなければ「並盛り」は完食でき、食べる量が多めの人なら「大盛り」でも大丈夫でしょう(ただし、そのときの体調や空腹具合によっては難しい場合があるかも)。
 デカ盛りメニューは、明らかに常軌を逸している(笑)ので、まず「大盛り」にチャレンジしてみて、余裕で完食できた人だけがチャレンジしてみてください。

 「シャレでどうにかなるレベル」ではない……ということは、改めて強調しておきます(笑)。


 「良い子のみんな、こんなもん毎日食べたら、すぐ成人病になっちゃうぞ!!」
[PR]
by nakadashi_tomo | 2011-09-23 18:12 | おバカ企画 | Trackback | Comments(0)

メガ盛りカレーを完食せよ!!

 仕事関連の用向きで都内に出た日のこと。

 昼前に用が済んで、乗り換えがてら買い物に……と立ち寄った秋葉原で「腹減ったなあ……」。
 どこかその辺で昼食を……と中央通りを歩いていると、前々から気になっていた「昭和食堂」の前に。

・名物スタミナ丼 昭和食堂
 http://showashokudo.net/

 この「昭和食堂」、店舗は地下にあり、ランチタイムになると大通りに面した1Fの入口付近で290円という激安弁当の販売も行ってます。
 弁当は2~3回買って帰ったことがあって、値段の割になかなかしっかりした味でした。
 食堂自体には入店したことがなかったのですが、この日たまたま見かけた「カツカレー&チキンカツカレー100円引き」という看板に釣られた、という次第。


 階段を下りて階下のトビラを開けようとすると……思いの外重い!!
 せっかくだから、重いトビラを開けて入店すると、完全に満員です。

 食券販売機を見ると、どうにも「カツカレー メガ盛り」「チキンカツカレー メガ盛り」が気になって仕方がない。
 この日はカツカレー&チキンカレーが100円引きで、メガ盛りも100円引きとのこと。

 うーむ。

 一瞬迷ったものの、トンカツよりはチキンカツの方がまだ健康的だろう(?)……ということで、「チキンカツカレー メガ盛り」の食券を購入。

 「スタミナ丼」が名物?
 まずはカレーだ!!(笑)


 食事を終えた先客が席を立ち、店員のおねえちゃんがその席に案内してくれました。
 イスに座り、食券を店員に手渡して、待つことしばし。

c0001319_22505896.jpg
▲ 「チキンカツカレー メガ盛り」です。

 出たよ、でかいって。

 写真だと分かりにくいんですが、明らかに直径27cm以上はあります。

c0001319_22523782.jpg
▲ B5判のノート(長辺は25.7cm)と並べてみましたが、それより数cmでかい皿です。

 それはともかく。
 空腹なんだ。

 戦闘開始ィ!!

 味は、まあまあうまい。
 具はあまりなく(ないのか溶けているのかは分からないけど)、食べ進めやすいといえます。
 チキンカツもまずまず。

 一気に7割ぐらい食べ進めて、「普通ならここで十分だな」って感じ。

c0001319_2259431.jpg
▲ 大皿で薄く見えますが、ライスもしっかり盛ってあるので、食いでがあります。

 もちろん、この日は「空腹」という免罪符があるので、そのまま完食

c0001319_2335885.jpg
▲ メガ盛りカレー完食。手前の味噌汁は、食後のお茶代わり(笑)

 残っていた味噌汁も飲み干し、少々食休みをしてから店を出ました。


 メガ盛りメニューは数々あるので、それを食べきれる人であれば問題なく完食できるでしょう。
 ただ、多くの人にとては、大盛りでも十分かも知れませんね。
 くれぐれも無理はしないように……。

 次に行く機会があれば、今度は名物の「スタミナ丼」でも食べて見ようかなと。
 ただ、カレーと違って、これのメガ盛りは厳しいかも……。


 それにしても入口のトビラ、重いなあ……(苦笑)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2011-02-23 23:10 | おバカ企画 | Trackback | Comments(0)

倒せ!! エンペラー

 コミケ終了後(12月29日の晩)、秋葉原UDX内の「アメリカン ダイナー バー&グリル(American Diner Bar&Grill) 秋葉原UDX店」で仲間達との打ち上げを行いました。

 まず飲み物とおつまみを頼んで乾杯。
 大いに談笑しながらひとしきり出来上がった頃、じゃあ「主食を頼もう」ということになり、皆が注目したのがハンバーグ5段重ねの「エンペラー」

 このメニュー、1枚80gの丸いハンバーグを5枚重ね、つまり総計400gというビッグサイズ。
 他にも「1ポンドハンバーグ」(454g)という重量級ハンバーグもありますが、ほぼそれに匹敵する大物です。

 5段だと「エンペラー」ですが、これを1枚減らして4枚(80g×4=320g)にすると「キング」、2枚減らして3枚(80g×3=240g)にすると「プリンス」……などと、食欲(と予算)に応じて変更できるようになってます。

 どうせ頼むなら「エンペラー」。
 しかし、いざ注文しようということになると、誰も尻込みして注文しようとせず。

 じゃじゃじゃじゃじゃじゃあ!!
 というわけで、私が「皇帝」に挑むことになりました。

 「エンペラー」+ライス大盛り(300g)。

 店員のおねえちゃんも半ば「本気ですか?」という雰囲気(笑)
 オススメのソースを尋ねたところ、お店オリジナルの「デミソース」とのことなので、今回はおとなしくそれにしてみます。


 待つことしばし、やって来ました「エンペラー」。

c0001319_11491379.jpg


 周囲を圧倒する存在感です。

c0001319_1158815.jpg



 写真そのままだと分かりにくいので、解説しますと……。

c0001319_11595894.jpg


 お分かりになるでしょうか。
 1番下にあるハンバーグは、角度によっては見えにくいのですが、しっかり5段重ねになっています。
 5段重ねのハンバーグは、そのまま積み重ねているだけでは「地滑り」を起こしかねないため、上から竹串で突き刺してあります。

c0001319_1215380.jpg


 まさに、「皇帝」の名にふさわしい、ある種のふてぶてしさをも感じさせる堂々たる姿です。


 「エンペラーを倒すぞッ!!」

 いざ、戦闘開始。

 ハンバーグは、イベリコ豚と牛肉の合い挽きで、とても食べやすい。
 デミソースとも良く合います。


 「エンペラーだけに気を取られるなッ!!」
 「油断してると衛兵(付け合わせのポテトなど)にやられるぞ!!」
 「そっちの皿、重騎士(フライドポテト)が残ってるぞ」
 「歩兵(ミックスベジタブル)が伏兵してるぞ!!」


 おバカなやりとりで盛り上がる中、こちらはあっさり完食。

 地元では「爆弾ハンバーグ」の「フライングガーデン」で大盛りメニューを食していますが、せいぜい肉は200~300g程度。
 これを「計画的に」食べ進め、ご飯を「おかわり」して3.5杯ほど食べることはありますが、肉が400gというのは滅多にないことです。
 (注:元々私は大食いですが「お肉大好き」人間ではないので、こんなに肉が「重い」食事は普段まずありません)

 さすがにデザートを食べようとは思いませんでした(苦笑)


 注文してからの時間がちょっとかかるかなとは思いますが、何人かでのんびり食事を……というのであれば良いのではないかと思います。

 「エンペラー」との勝負を挑みたい方、ぜひチャレンジを!!


 http://r.gnavi.co.jp/p989604/(ぐるなび)
 http://www.hotpepper.jp/strJ000104443/(ホットペッパー)
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13021916/(食べログ)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2010-12-31 12:04 | おバカ企画 | Trackback | Comments(0)