ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ご来場ありがとうございました

 1日目(12月29日)の当方ブースと委託先の「馬ー車屋」さん(東3ホール「ア-48b」)、2日目(12月30日)の「N&N factory」さんのブース(東6ホール「ニ-16b」)へお越しくださいまして、ありがとうございました!
 本日は3日目で、私自身は会場には行けなくなったのですが、委託先の「たまや」さん(東5ホール「ハ-14b」)で新刊『なかだし15号』のみ頒布を行っています。

■新刊『なかだし15号』無事発行できました!!

c0001319_0502781.jpg 既報の通り、今回は新刊『なかだし15号』と、コピー新刊『ちょ~次元美少女図鑑(4) びりびりキュアピースちゃん(準備号)』の2種類を発行しました。

 『なかだし15号』は、表紙イラストが「緑川なお」にも関わらず、肝心の「なお」はわずか数コマしか出てこないというビックリ仕様(!!)。いや、単に執筆が追いつかなかったというのが真相なんですが……(汗)
 あざとい「キュアピース」ネタあり、インド映画『ボス その男シヴァージ』ネタ&解説あり……と、お楽しみいただけたようで何よりです。

 さすがに「なお」ネタがないままではアレなので、春辺りの新刊でその辺のフォローはするつもりです。

■新刊『びりびりキュアピースちゃん』は準備号で!!

c0001319_15154153.jpg 一方の『びりびりキュアピースちゃん(準備号)』は、なんと12年ぶりの復活となった『ちょ~次元美少女図鑑』シリーズの最新号……の準備号(先行コピー誌)です。

 このシリーズ、第一弾は「マルチ」、第二弾は「でじこ」、第三弾は「うさだ&ぷちこ」の特集号で、12年のブランクを経て登場した今回は、ご存じ!! 「あざとイエロー」の「キュアピース」こと「黄瀬やよい」特集号です。
 テレビ番組「『ぷっ』すま」の「うろ覚えで描くイラスト」コーナー的な企画本で、特集するキャラクターを知っていてもいなくても「意図的にうろ覚え状態」になって好き放題描画しちゃおうという内容です。
 あんなピースやこんなピースが、そりゃもうひどいことに……(苦笑)

 本番一発ビシッ!! と発刊できなかったので申し訳ないのですが、2013年春の発行を目指して内容を拡充するつもりですので、引き続きよろしく。


■キュアピース? エレキング?

c0001319_15294620.jpg 初日の「なかだし 共の会」ブースには「キュアピース」の名札を着けた「エレキング」のソフビ人形を展示したところ、何人かの大きなお友達に「それ違(笑)」とのツッコミを受けました。ありがとうございます!!(笑)
 調子に乗ったわけじゃないんですが、2日目の委託先「N&N factory」さんのブースでは、「ゴジラ」&「キュアピース」&「エレキング」が並ぶという夢の光景が(笑)

 なんで「エレキング」が「キュアピース」かって?

 いい質問ですね!!

 そりゃあ黄色くて、電気を放って、あざとければ……ねぇ?(笑)

c0001319_1555861.jpg この「キュアピース」フィギュアはプライズもの(クレーンゲーム用)。
 初日終了後の夜は「N&N factory」の「鳴門敦史」氏と秋葉原で会食したのですが、そこでの話で急遽「ゴジラ」のフィギュアを探すことになり、同氏に付き合って中古フィギュア屋に入店したところ……大量の「キュアピース」が適価で!!
 あまりのことに、つい……。

 で、「キュアピース」は2種類とも結構在庫が陳列してあったのですが、「キュアマーチ」はわずか1体のみ。
 この差は何なんだろう……と思いつつ、その「キュアマーチ」も「救出」したことは言うまでもありません(笑)


■残念だったこと※追記

 今回のコミケは、『黒子のバスケ』ジャンルがそっくりそのまま「封鎖」という、極めて異常な事態に。
 これは不特定多数に危害が及びかねない脅迫事件を受けてのことで、コミケ史上でも極めて異例な対応となっています。

・妄想で逆恨み? 50カ所に脅迫状届く 「怨恨」捜査におもわぬ壁(MSN産経 2012年12月26日)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121226/crm12122614040011-n1.htm(1ページ目)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121226/crm12122614040011-n2.htm(2ページ目)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121226/crm12122614040011-n3.htm(3ページ目)

c0001319_167356.jpg このジャンルに関しては門外漢なので細かい状況は分からないのですが、何にしても一刻も早い「犯人」の特定と逮捕が求められます。
 作家本人への脅迫もとんでもないことですが、不特定多数に危害を与えかねない状況を作り出すことによる損失がどれほど深刻か……という点も考慮しなければいけません。

 このジャンルで本を出そうとしていたサークル。
 そのサークルが印刷を頼もうとしていた印刷所。
 このジャンルの本を買おうとしていた参加者。
 この一件を受けて警備体制をさらに強化せざるを得なくなったコミックマーケット準備会。

 これらの直接的・間接的な損害額がいくらになるか。
 この事件による同人誌全体に対する社会的なマイナス影響がどれほどのものか。

 長く続くコミケの歴史の中で、人気ジャンルが丸々一つ「開催できない」というのは今回が初めてですし、同時にこれが「最初で最後」にしないといけません。
 でなければ、幾多の苦難を経てなんとか継続している「コミックマーケット」という「場」そのものが失われる危機に直結するからです。

 「何を大袈裟な」という意見もあるでしょう。

 しかし、かつて発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(いわゆる「宮崎事件」)の後、漫画やアニメに対する世間の目がどんなに冷淡であったのか(差別的な状況になりました)を考えると、けっして楽観的にはなれないのです。


 こういう世界ですから、個別の作品やキャラクターに特別な思い入れがある人がいることは分かります。

 しかし、その表現方法を誤ってしまってはいけません。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-31 15:39 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)

【C83】新刊の委託サークル情報!!

 冬コミ(C83)関連情報です。

 今回もお付き合いのあるサークルさんのご厚意で、新刊『なかだし15号』の委託販売をお願いできることになりました。
 もし1日目の当方ブースにお越しになれない場合は、今回ご紹介する3サークルのブースへお越しくださいね。

【当方ブース】
・12月29日(土)……「なかだし 共の会」東5ホール「プ-45b」

【委託サークル】
・12月29日(土)……「馬ー車屋」さん(東3ホール「ア-48b」
・12月30日(金)……「N&Nfactory」さん(東6ホール「ニ-16b」
・12月31日(月)……「たまや」さん(東5ホール「ハ-14b」

 なお、もう一つの新刊『ちょ~次元美少女図鑑(4) びりびりキュアピースちゃん(準備号)』と、既刊各種については、基本的には1日目の当方ブースへお越しください。
 『びりびりキュアピースちゃん(準備号)』の委託先が増えたら、改めて記事でご紹介します。


 
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-28 18:05 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)

【C83】新刊(その2)キュアピース本(準備号)!!

 先ほどご紹介した『なかだし15号』に加えて、もう1冊の冬コミ(コミックマーケット83)新刊が『ちょ~次元美少女図鑑(4) びりびりキュアピースちゃん(準備号)』!!
 (印刷には間に合わなかった……!!)

c0001319_10251139.jpg 『ちょ~次元美少女図鑑(4) びりびりキュアピースちゃん(準備号)』は、その名の通り、「キュアピース」こと「黄瀬やよい」に特化した企画同人誌です。

 今回は先行コピー誌で、頒布価格は、200円。

 『ちょ~次元美少女図鑑』シリーズは、かつて「なかだし 共の会」と、今は亡き「Jester☆Y,A,S」氏のサークル「魔導研究所」が共同発行していた企画本で、これまでに

  『ちょ~次元美少女図鑑(1) すきすきマルチちゃん』
  『ちょ~次元美少女図鑑(2) らぶらぶ デ・ジ・キャラットちゃん』
  『ちょ~次元美少女図鑑(3) ぶりぶりうさだちゃん&ぷりぷりぷちこちゃん』

 の3冊を発行しています。

 ま、グダグダの冊子名とは裏腹に、破天荒で好き放題やらかす本でして(苦笑)
 そのキャラ名や設定などから「私が考える○○○」をイラストと説明文で紹介してもらおうというサークル横断的な企画です。
 『ぷっすま!』などの「うろ覚えで描くイラスト」企画に近いっちゃ近い内容ではあります。
 (こちらの場合、「意図的」に「うろ覚え」になって描くわけなんですが^^;)

 1999年に第3弾を発行したところで企画終了……ということになったのですが、「キュアピース」こと「黄瀬やよい」のあまりのあざとさっぷり(笑)に「こりゃまたやるしかないんじゃね!?」ということに……(笑)

 ということで、なんと12年ぶりに企画再開となりました。

 が、当方のとりまとめ作業が遅れてしまい、結局冬コミ合わせの印刷スケジュールでは進行不能に……。
 そこで、これまでに執筆陣の皆さんから寄せられているイラストなどを掲載する「準備号」として先行頒布することにしました。


 頒布場所は、2012年12月29日(土)は当方「なかだし 共の会」(東5ホール「プ-45b」)
 また、いつも委託をお願いしている「N&N factory」さん(12月30日・東6ホール「ニ-16b」)にも新刊の委託販売をお願いしているほか、「たまや」さんなどにも委託をお願いしているところです。
 (今晩にも追加情報を掲載します)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-28 10:42 | 新刊情報 | Trackback | Comments(0)

【C83】新刊(その1)『なかだし15号』発行!!

 お待たせしました……冬コミ(コミックマーケット83)の新刊『なかだし15号』 の情報をお知らせします。

c0001319_825344.jpg 『15号』には、各執筆陣の描き下ろし新作を多数収録するほか、夏コミ(コミックマーケット82)で発行した突発コピー誌『もっと! スマイルなかだし』掲載作品も収録しています。

 頒布価格は、500円。

 頒布場所は、2012年12月29日(土)は当方「なかだし 共の会」(東5ホール「プ-45b」)
 また、いつも委託をお願いしている「N&N factory」さん(12月30日・東6ホール「ニ-16b」)にも新刊の委託販売をお願いしているほか、「たまや」さんなどにも委託をお願いしているところです。
 (今晩にも追加情報を掲載します)

 今回の表紙は、凜々しいポニーテール娘「緑川なお」(キュアマーチ)です。
 あざとさ炸裂の「黄瀬やよい」(キュアピース)人気に隠れてますが、実は結構根強い人気のキャラでもあります。
 ……ぶっちゃけ、なおネタが多いワケではないのですが(汗)、執筆陣お気に入りのキャラでもあることから、今回の表紙に「選出」となりました。


 『15号』のポイントの一つは、現在も全国各地で順次公開中のインド映画『ボス その男シヴァージ(原題:シヴァージ ザ・ボス)ネタと、映画自体の解説ページを掲載します。

 この映画、先に上映された『ロボット(原題:ィエンディラン)』よりもインド映画らしいインド映画……というより、ラジニ映画らしいラジニ映画!!
 もう、これでもかッ!! といわんばかりに濃厚な演出のオンパレードで、たっぷり3時間を堪能できることと思います。

 実は私自身はまだ映画館で鑑賞できていないのですが(汗)、手元に海外版DVDと対訳があるので、それに基づいての解説や見どころ紹介を行っています。


 もう一つの新刊『ちょ~次元美少女図鑑(4) びりびりキュアピースちゃん』については、もうちょっとしてから改めてご紹介!!
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-28 08:45 | 新刊情報 | Trackback | Comments(0)

【ガルパン】「三式中戦車」が登場!!

 美少女&戦車という異色の組み合わせが人気の『ガールズ&パンツァー(ガルパン)

 これまで登場していた日本戦車は「八九式中戦車」だけで、日本戦車好きからすると物足りなさを感じていたものですが、第10話で待望の新顔が登場しました。

 「三式中戦車」です!!

 アニメ本編では登場した途端、アレな展開になってしまいましたが(苦笑)、帝国陸軍が量産できた最後の中戦車の勇姿をぜひプラモデルで!!



 まずご紹介するのは「ガルパン仕様」で、劇中ではオンライン戦車ゲーム仲間で結成した新チーム「アリクイさんチーム」が搭乗しています。
 2013年2月10日(日)発売予定となっています。


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 「ガールズ & パンツァー」三式中戦車[チヌ]

 【発売】ファインモールド
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2013年2月10日
 【税込価格】3,990円
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、「ガルパン仕様」の発売まで待てない!! という熱烈な諸兄諸姉のために既存製品をご紹介。


パッケージ

Amazonで購入



 三式中戦車チヌ(1/35 プラスチックモデルキット FM11)

 【発売】ファインモールド
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2007年6月23日
 【税込価格】3,990円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「3,392円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 ついでに、計画段階で実際には製造されなかった武装強化型をご紹介。
 オリジナルの38口径75mm戦車砲を、「四式中戦車」が装備する56口径75mm戦車砲に換装した長砲身タイプです。


パッケージ

Amazonで購入



 三式中戦車 長砲身型(1/35 プラスチックモデルキット FM29)

 【発売】ファインモールド
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2009年12月18日
 【税込価格】4,200円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,930円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール





 「三式中戦車」は、詳しい経緯は思いっきり端折りますが、「九七式中戦車」の拡大・改良型でもある「一式中戦車」の車体に、75mm戦車砲を装備する大型砲塔を搭載した「急ごしらえ」の戦車でもあります。
 新規設計の「四式中戦車」「五式中戦車」の開発はなかなか進まない一方、米軍など連合軍戦車の強大化に対抗するため対戦車戦闘に適した戦車配備は急務で、「今できる範囲内」で迅速に対応したのが「三式中戦車」として結実しました。
 (この「急ごしらえでもすぐ使える兵器を」という部分が、当時の日本には欠落していました/今の日本社会全般でも当てはまることかも知れませんが……)

 「三式中戦車」の量産が始まった頃には、米軍の潜水艦などによる海上封鎖が厳重で、戦場となる海外へと輸送する手段が事実上失われてたこともあり、本車は本土決戦に備えて日本本土で温存されました。
 このため、実戦投入されることはありませんでしたが、敗戦まで旧式化・陳腐化した「九七式中戦車」や「九五式軽戦車」などで苦戦していた戦車兵にとっては、さぞ心強い戦車になっただろうと想像できます。
 (それでも「M4 シャーマン」と真っ向勝負できる能力はなかったのですが……)

 なお、日本屈指の「戦車スポット」でもある「土浦武器学校」(陸上自衛隊 土浦駐屯地 武器学校/実際には隣町の阿見町にある)には、現存する貴重な貴重な「三式中戦車」の実車が展示されています。

 また、『ガルパン』初期から搭乗していた「八九式中戦車」も、稼働状態にレストアされています。


 「土浦武器学校」には、一般展示ゾーンに展示してある各種戦闘車両(陸上自衛隊が装備したさまざまな戦闘車両や火砲がズラリと展示されている)はもちろん、「火砲館」(平日のみ)、予科練の歴史や戦死した兵士達の遺品を展示する「雄翔館」などは、基本的に自由に見て回れます。

 公開時間は、9:30~16:30。

 「とにかく戦車と火砲が見たい!!」という人は、駐屯地正門で簡単な受付を済ませて、場内に入ってください。
 見る人が見たら「え!? こんな貴重な車両が野ざらしでいいの……!?」と驚くような野外展示品も結構あります(笑)


 他の戦車については、また機会を改めて。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 10:00 | ホビー | Trackback | Comments(0)

【ガルパン】新顔「ルノー B1 bis」!!

 美少女&戦車という異色の組み合わせが人気の『ガールズ&パンツァー(ガルパン)
 大和撫子のたしなみ「戦車道」に青春をかけるヒロイン達の活躍を描く作品で、物語の舞台となる茨城県大洗町(おおあらいまち)の街おこしにも一役買っていることでも知られます。

 戦車と来れば、やはりプラモデル
 メーカー各社も、劇中に登場する戦車のプラモデルを「ガルパン仕様」として売り出すなど、この好機を逃すまいと必死です。
 そこで当方も、各社の売り上げにちょっとでも貢献しようと、各社のプラモデルを紹介していきます。



 今回は、ヒロイン達が通う「県立大洗女子学園」所属の戦車として第8話のプラウダ戦から「参戦」した「カモさんチーム(風紀委員チーム)」の「ルノー B1 bis」の1/35スケールモデルをご紹介。

 まずご紹介するのは、フランス軍仕様のプラモデル。
 なお、いわゆる「ガルパン仕様」の製品ではないので、念のため……。


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.282 フランス戦車 B1 bis

 【発売】タミヤ
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2006年6月7日
 【税込価格】5,040円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「4,284円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、ドイツ軍が接収した後の状況を再現するプラモデル。
 こちらも「ガルパン仕様」ではありませんので、適宜手を加えてくださいね。


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 B1 bis 戦車(ドイツ軍仕様)

 【発売】タミヤ
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2007年11月7日
 【税込価格】5,460円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は送料込みで「3,754円」)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール





 「ルノーB1 bis」は、フランスが開発した重戦車「B1」の改良型で、車体前方右側に17口径75mm戦車砲を装備し、さらに砲塔には30口径47mm戦車砲を装備しています。
 構造自体はアメリカの「M3 リー/グラント」と同じですが、「B1 bis」の方が旧態依然としていることは見た目にも明白です。
 しかし、最大装甲は60mmと当時にしては厚く、フランス侵攻時におけるドイツ軍の主力・37mm戦車砲&対戦車砲では貫徹困難でした。
 もっとも、フランス軍の戦車運用が稚拙で分散配置されていたので、ドイツ軍によって各個撃破されたのですが……。

 しかし、よもやこんなマイナー戦車(失礼!)が登場するとは思っていませんでした。
 第二次大戦期のフランス戦車で一番有名なのは「ソミュア S35」中戦車だろうと思いますので、それを差し置いての登場には正直驚いたものでした。
 もっとも、「B1 bis」のたたずまいが何となく宮崎駿作品に登場する「戦車然とした戦車」に近いということもあって、その点ではかなりの逸材ではあると思います。


 他の戦車については、また機会を改めて。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 09:08 | ホビー | Trackback | Comments(0)

2013年4月までの即売会参加予定

 冬コミ前から気が早い……という声が聞こえてきそうですが、年明け以降の即売会参加予定について、現時点で確定している4月までの状況を簡単にまとめました。

 なお、2012年末の「コミックマーケット83」は、2012年12月29日(土)東5ホール「プ-45b」の配置です。


【2013年】

・1月13日(日)……こみっく★トレジャー21当選/4号館「タ-01b」)
・2月11日(月/祝)……サンシャインクリエイション58当選/A1ホール「G-09b」)
・3月24日(日)……おでかけライブin宇都宮160 春まつり2013(近日申し込み予定)
・4月14日(日)……サンシャインクリエイション59(近日申し込み予定)
・4月28日(日)……COMIC 1(こみっく いち)☆7(近日申し込み予定)


 なお、次の即売会はスケジュールが重複してしまうため、参加できません。あしからず……。

・2月11日(月/祝)……おでかけライブin宇都宮159 バレンタイン2013(不参加)
・4月28日(日)……レインボー・フレーバー8(不参加)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 08:03 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)

【ガルパン】「38(t)」→「ヘッツァー」に改造!!

 美少女&戦車という異色の組み合わせが人気の『ガールズ&パンツァー(ガルパン)

 最初からヒロイン達が使用している戦車は強豪校の戦車に比べるとかなり貧弱で、物語中盤で「IV号戦車D型」が長砲身の戦車砲に換装して「IV号戦車F2型」相当に改造されていたのですが、第10話ではさらに別の戦車が改造を施したうえで登場しました。

 軽駆逐戦車「ヘッツァー」です。

 これは「カメさんチーム(生徒会チーム)が搭乗する「38(t)戦車B/C型」をベースに、なんと「改造キット」「けっこう無理矢理」に利用して改造したもの。
 実物の「ヘッツァー」は、「38(t)戦車」の車台をベースにしつつも、サイズの変更や細部の変更を行っているので、完全な流用ではないのですが、そこは「自動車部の技術力で」(笑)乗り切ったものと解釈できます。



 これまでのところ、「ガルパン仕様」の「ヘッツァー」は製品化されていないので、既存の製品を紹介していきます。
 (まず1/35スケール製品を紹介しています。1/48スケール製品は、他の戦車ともども年明け後にでも改めて……)


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー

 【発売】タミヤ
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2007年7月21日
 【税込価格】3,360円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,785円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、コンバットコミックの大家・小林 源文(もとふみ)氏の著作『黒騎士物語』仕様の製品。
 モデルは「中期型」です。


パッケージ

Amazonで購入



 黒騎士物語 1/35 WW.II ドイツ軍 軽駆逐戦車 ヘッツァー 中期型 黒騎士中隊 【CH6661】

 【発売】サイバーホビー
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2011年5月17日
 【税込価格】3,200円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,688円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、「後期型」のモデル。


パッケージ

Amazonで購入



 1/35 ヘッツァー後期型

 【発売】アカデミー
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2012年4月24日
 【税込価格】3,150円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「2,993円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール




 続いて、「指揮車」バージョン。


パッケージ

Amazonで購入



 プラモデル 1/35 ヘッツァー コマンドバージョン w/タンククルー

 【発売】ドラゴンモデル
 【ジャンル】プラモデル
 【発売日】2009年3月10日
 【税込価格】3,280円(参考:2012年12月24日時点の販売価格は「3,280円」から)
 【備考】1/35(三十五分の一)スケール





 「ヘッツァー」は、次第に陳腐化していった「38(t)軽戦車」の車台をベースとした軽駆逐戦車として開発されました。
 本来「ヘッツァー」という愛称は軽駆逐戦車「E-10」用意されていたようなんですが、後から始まった本車の開発がスムーズに進んだこともあって、いつのまにか本車が「ヘッツァー」になった……ようです。

 小柄な車体に傾斜装甲に囲まれた固定戦闘室を搭載し、48口径75mm戦車砲を搭載。
 駆逐戦車としてはかなり小型で簡便な兵器で、当時のドイツ軍の主力「IV号戦車」の半額で製造できたそうです。
 見た目には機敏そうな本車ですが、実際には主砲がオフセット装備となっているため安定性が悪いとか、レイアウトの制約上右側に死角が多いとか、軽量・安価・簡便を実現したことと引き替えに目をつぶっている要素も結構あります。

 本車の正しい運用方法は、小隊単位で待ち伏せして、いずれかの敵戦車1両に集中砲火を浴びせて撃破しつつ、適宜陣地転換を行って防御していく……というものでした。
 (「まとまった数」で「運用方法を間違わなければ」活躍しましたが、そうでない場合は……)



 ちなみに「ヘッツァー」とはドイツ語で「(狩りの際の)勢子」という意味です。
 名称は「勢子」ですが、実際には本車そのものが敵戦車を仕留める役割。しかも「勢子」というと機敏に動き回る印象ですが、本車は基本的に待ち伏せ戦術を採ります。
 つまり、名称とは正反対の役割を担うというわけです。

 ドイツの兵器名称は、このように名称とは正反対の役割を担うものが少なくないので、「じっとしている」駆逐戦車に「動き回る」イメージが強い名称を与えたのは、その線での判断だったのかも?


 他の戦車については、また機会を改めて。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 08:00 | ホビー | Trackback | Comments(0)

2013年2月11日「サンシャインクリエイション58」当選!!

 「こみ★トレ21」に続き、年明け以降のイベント参加情報です。

 2013年2月11日(月/祝)開催の「サンシャインクリエイション58」当選しています。

c0001319_7411739.gif サークル名は、「なかだし 共の会」
 ブースは、「G-09b」(ワールドインポートマート4F「Bホール」)です。
 開催時間は、11:00~15:30です。

 当日は、冬コミ新刊『なかだし15号』のほか、各種既刊、夏コミから販売を行っているポストカードフォトスタンドなどのグッズ類も持ち込みます。

『なかだし15号』 (2012年冬コミ新刊)……500円
『(現在準備中の冬コミ新刊)』 (2012年冬コミ発行)……200円
『なかだし14号』 (2012年夏コミ新刊)……500円
『なかだし13号』 (2011年冬コミ新刊)……500円(在庫希少)
『なかだし12号』 (2011年夏コミ発行)……500円
『なかだし11号』 (2010年夏コミ発行)……500円
『なかだし10号』 (2009年冬コミ発行)……500円

『なかだし3号』『なかだし9号』……各500円
『なかだし0号』(サークル創世記のコピー誌&『決戦同人誌G』寄稿作品を再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーI』(『なかだし創刊号』などを再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーII』(なかだし2号)を再録……1,000円
 など……。

 なお、旧刊を一挙まとめ買いしてくださる方には、ご購入内容によっては太っ腹割引サービスを敢行(!!)しますので、もしこれまでの本をお持ちでなかった方は、一声おかけくださいね。

 これ以外の本についても、たいていは在庫がありますので、ご希望の方は次の即売会か、通販でお求めください(当方宛にメールか、この記事に非公開コメントをつけていただければ対応いたします)。

 また、ポストカードなどのグッズ販売も行います。

・カラーの「かわいい」ポストカード……1枚100円
・モノクロの「すごい」ポストカード……3枚セット200円
・カラーイラスト入りフォトフレーム……400円
・モノクロイラスト入りフォトフレーム……300円
 など……。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 07:43 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)

2013年1月13日「こみっく★トレジャー21」当選!!

 まだ冬コミ前なのですが、年明け最初の即売会参加情報をお知らせします。

c0001319_765158.gif 2013年1月13日(日)に大阪で開催となります「こみっく★トレジャー21」当選しています。
 会場は、いつも通り「インテックス大阪」です。

・サークル名「なかだし 共の会」
・ブース番号「タ-01b」(4号館)

 お……お誕生席ですかい……!?

 即売会の開催時間は、11:00~15:00です。

 なお、当日の頒布予定は、次の通りです。

『なかだし15号』 (2012年冬コミ新刊)……500円
『(現在準備中の冬コミ新刊)』 (2012年冬コミ発行)……200円
『なかだし14号』 (2012年夏コミ新刊)……500円
『なかだし13号』 (2011年冬コミ新刊)……500円(在庫希少)
『なかだし12号』 (2011年夏コミ発行)……500円
『なかだし11号』 (2010年夏コミ発行)……500円
『なかだし10号』 (2009年冬コミ発行)……500円

『なかだし3号』『なかだし9号』……各500円
『なかだし0号』(サークル創世記のコピー誌&『決戦同人誌G』寄稿作品を再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーI』(『なかだし創刊号』などを再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーII』(なかだし2号)を再録……1,000円
 など……。

 これ以外の本についても、たいていは在庫がありますので、ご希望の方は次の即売会か、通販でお求めください(当方宛にメールか、この記事に非公開コメントをつけていただければ対応いたします)。

 また、ポストカードなどのグッズ販売も行います。

・カラーの「かわいい」ポストカード……1枚100円
・モノクロの「すごい」ポストカード……3枚セット200円
・カラーイラスト入りフォトフレーム……400円
・モノクロイラスト入りフォトフレーム……300円
 など……。


 ……というわけで、冬コミ後の開催なので若干気が早いのですが、関西方面の皆さん、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2012-12-24 07:08 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)