ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

陸上自衛隊、「機動戦闘車」報道公開

 本日、陸上自衛隊の新型装輪装甲車「機動戦闘車」が報道公開されました。

機動戦闘車
▲ 陸上自衛隊フェイスブック公式ページから

・機動戦闘車を公開=2016年に部隊配備-防衛省(時事ドットコム 2013年10月9日)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013100900073

・機動戦闘車の試作車両 写真特集(時事ドットコム 2013年10月9日)
 http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_mili&p=sen299-jp3321_201310094154

・対中離島防衛になう「機動戦闘車」を公開 時速百キロ、空輸も可能(MSN産経 2013年10月9日)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131009/plc13100913360015-n1.htm

・防衛省、「機動戦闘車」を公開 離島防衛で開発(中日新聞 2013年10月9日)
 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013100901001230.html

機動戦闘車
▲ 陸上自衛隊フェイスブック公式ページから

 「機動戦闘車」は、8輪の装輪装甲車(タイヤ式の装甲車)です。
 戦車のような砲塔を備えていて、主兵装として105mm戦車砲を装備しています。
 重量は26tで(全備重量はもっと重いかも?)、現在開発中の次期輸送機「XC-2」で空輸できるように設計されています。


▲ 陸上自衛隊Youtube公式チャンネルから

 海外ではすでにイタリアの「チェンタウロ」など、同様の砲塔付きの装輪装甲車が実用化されています。
 装輪装甲車は、高速道路など道路での高速走行が可能なことと、輸送機での空輸が可能など戦略機動性に優れることから、戦車を含む主力部隊に先駆けて現場に急行する先遣部隊としての役割が期待されています。
 (ただし、装軌式車両に比べると諸々の制約が多く、特に防御力は限定的にならざるを得ないこと、泥濘地などの走行性能では装軌式に及ばないことなど、「戦車の代役」を「任せきれる」存在ではありません)

 米ソ冷戦終結後、全面戦争の危機が去ったという判断から、各国で軍事費の圧縮が検討され、その中で装軌式車両よりもコストが圧縮できる装輪式車両がもてはやされた時期がありました。
 しかし、湾岸戦争やイラク戦争、アフガニスタンなどでの戦訓から、防御能力が制限される装輪式車両の限界は早々に露呈していて、装軌式車両、なかでも戦車の重要性が再認識される結果となりました。
 また、米ソ冷戦は終結したものの、新たに台頭した中国の躍進ぶりは著しく、かつてのソ連よりも旺盛な兵器開発を陸海空ともに進めていて、今や世界一旺盛な戦車開発を行っている国にのし上がっています。

 以前、この「機動戦闘車」を「戦車」の枠内に含めるのかどうかが話題になったことがありました。
 財務省は、本車を「戦車」にカウントすることで予算削減を図れるという目論見があったようですが、上記のような理由から、戦車は戦車として、装輪装甲車である本車は別枠での調達を行うことが賢明であろうと考えられています。

機動戦闘車
▲ 陸上自衛隊フェイスブック公式ページから

 「機動戦闘車」の車体は、いわゆる「ファミリー化」の概念に基づいて開発されたもので、おそらく既に導入されている「NBC偵察車」と共通する部分が多いのではないかと思います。
 今後、偵察車両「近接戦闘車」(40mmテレスコープ弾機関砲装備)なども開発予定です。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2013-10-09 23:00 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

ご来場ありがとうございました

c0001319_19303215.jpg 本日(10月6日)開催「サンシャインクリエイション61」にご来場くださいまして、ありがとうございました。

 即売会はつつがなく終了。

 今日ブースの助っ人に入ってくれたスタッフ氏によると、「今日はずいぶん盛況でした」。
 また、「提督、Aホールは『艦これ』大盛況です!!」とのこと。

 「サンクリ」は場内コスプレOKになっているので、当方が陣取ったBホールでも何人か『艦これ』のコスプレを見かけました。
 中には、かなりスカートの丈が短い(というより、ヒップのアンダーラインが完全に見えてる!!)「島風」のコスプレも!!

 どうやら冬コミも、『艦これ』大攻勢が続きそうです……。

 イベント終了後、いつも表紙イラスト執筆をお願いしている「明日美 周」さんと合流。
 喫茶店で茶飲み話がてら、冬コミ新刊向けイラストの執筆を依頼しました。
 1時間ほど談合(笑)した後、池袋駅で明日美さんと分かれ、寄り道しながらやっと帰路についたところです。

c0001319_2001516.jpg また、9月29日(日)開催「おでかけライブ in 宇都宮 164」にご来場くださいました皆さん、当日はありがとうございました。

 宇都宮は、当方の地元から近く、なおかつ地元から最も近場の同人誌即売会開催都市でもあります。
 なので、他のスケジュールと重複しない限り、できるだけ申し込むようにしています。

 ここは「サンクリ」などと異なり、サークル参加者も一般参加者も、基本的には地元の女子がメインの即売会です。
 コスプレOKのイベントなんですが、見た範囲では『艦これ』のコスプレはおらず、女子に人気のアニメやゲームなどのコスプレが大半でした。
 ……『進撃の巨人』の巨人コスプレもいましたが(笑)

 毎度のことですが、当方のサークル名と発行誌名を見て「18禁!?」と誤解する女子も多々(苦笑)。
 でも、表紙のイラストや、そのイラストを拡大したポスターなどを見て興味を持つ女子も少なからずいるので、

 「健全なパロディです」

 ……と説明しとります。


 「おでかけライブ in 宇都宮」、毎回確実に参加できれば良いのですが、他の即売会やイベントなどとバッティングすることが多く、当方は初参加となった2011年春以降、ざっくり5~6割程度の参加率です。
 (たぶん今後もそんな感じだと思います)

 年内は、12月にももう一度あるのですが、別の予定とスケジュールが重複していて、今のところ参加は難しそうです。
 来年については、参加予定が決まりましたら、また改めてお知らせします。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2013-10-06 20:15 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)

2013年10月6日(日)開催「サンシャインクリエイション61」当選!!

 今週末は「サンクリ」!!

c0001319_18371133.gif 2013年10月6日(日)開催の「サンシャインクリエイション61」に当選しています!!
 ブースはBホール「オ-16a」、サークル名は「なかだし 共の会」です!!

 秋の新刊は、夏コミで発行を検討していたコピー誌『ドキドキ!なかだし』……と思っていたのですが、9月中はいろいろあって多忙になってしまい、作業時間を確保できませんでしたので、今回は発行を見合わせています。


 なお、当日の頒布予定は、次の通りです。

『なかだし16号』 (2013年夏コミ新刊)……500円
『びりびりキュアピースちゃん』 (2013年春発行)……300円
『なかだし15号』 (2012年冬コミ新刊)……500円
『なかだし14号』 (2012年夏コミ新刊)……500円
『なかだし12号』 (2011年夏コミ発行)……500円
『なかだし11号』 (2010年夏コミ発行)……500円
『なかだし10号』 (2009年冬コミ発行)……500円

『なかだし3号』『なかだし9号』……各500円
『なかだし0号』(サークル創世記のコピー誌&『決戦同人誌G』寄稿作品を再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーI』(『なかだし創刊号』などを再録)……1,000円
『なかだしアニバーサリーII』(なかだし2号)を再録……1,000円
 など……。

『なかだし13号』 (2011年冬発行)は、現在在庫切れです。

 これ以外の本についても、たいていは在庫がありますので、ご希望の方は次の即売会か、通販でお求めください(当方宛にメールか、この記事に非公開コメントをつけていただければ対応いたします)。

 また、ポストカードなどのグッズ販売も行います。

・カラーの「かわいい」ポストカード……1枚100円
・モノクロの「すごい」ポストカード……3枚セット200円
・カラーイラスト入りフォトフレーム(大)……500円
・カラーイラスト入りフォトフレーム(中)……400円
・モノクロイラスト入りフォトフレーム(中)……300円
 など……。


 それでは、ブースにてお待ちしております!!
[PR]
by nakadashi_tomo | 2013-10-04 10:27 | 即売会関連 | Trackback | Comments(0)