ブログトップ

「なかだし 共の会」近況

nakadashi.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『艦これ』提督も必読!! 『海上護衛戦』復刊

 日本にとって資源・エネルギーの確保は死活問題!!

 かつて長期戦になれば勝算がないことは明らかだった対米戦になぜ踏み切ったのか、そして何故敗れたのか、その根本にある問題は今も将来も不変といえます。

 『海上護衛戦』、入手しやすい文庫版となって、2014年5月24日(土)に発売となりました。
 (『艦これ -艦隊これくしょん-』人気に連動した文庫版での再発行なんだろうと思いますが、よく復刊する決断を下したなあ……と)

・『海上護衛戦』(KADOKAWA)
 http://www.kadokawa.co.jp/product/321312000254/





表紙

Amazonで購入



 『海上護衛戦』(角川文庫)

 【発行】KADOKAWA
 【ジャンル】文庫
 【発売日】2014年5月24日
 【本体価格】800円
 【判型】文庫判
 【備考】





 資源・エネルギーの大半を海外からの輸入に依存する日本にとって、「選択の幅が狭い」こと自体がリスクに直結します。

 複数の供給先を確保できているのか。
 複数の種類を確保できているのか。
 海上輸送路の安全は確保できているのか。

 資源やエネルギーの供給先が複数ないと、外交リスクによって「お手上げ」になるリスクがあります。
 レアメタルを巡る中国の対応が問題になったことが記憶に新しいところですが、もし代替品や他の供給先が見つからなければアウト。
 再び供給を受けるためには、相手国の言い値で買うか、無茶な要求を呑まざるを得ないリスクがあります。

 資源やエネルギーの種類は、できれば多い方が良いといえます。
 かつてのオイルショックのように、石油への依存度が高すぎる状態で産油国が輸出をストップしたら、目も当てられないことになります。
 どんなものでも、「良いことずくめ」なんてものはある筈がなく、何かを得れば何かを損なう関係性があるのだ……というのが大前提なんです。


 海上輸送路の問題は、普段直接見聞きしているものではないのでピンと来ない人も少なくないはずですが、実はこれが日本の命運を左右する重大な問題です。

 日本が第二次大戦で敗れた最大の原因は、数々の戦闘に敗れたためでも、「B-29」による本土空襲でもなく、「潜水艦による海上封鎖で干上がった」こと。
 (それがこの本で取り上げている問題です)

 戦争遂行に必要な軍事物資をはじめ、市民生活に生活に必要なさまざまな物資も海外からの輸送に頼っていた日本に対し、米軍は大量生産した潜水艦を展開して、日本の海上輸送路を徹底的に分断しました。
 一般にはほとんど顧みられることがなかった視点なんですが、このことは当時の日本に極めて深刻な損失をもたらしました。

 戦後、海上自衛隊が対潜水艦任務に特化するような戦力整備を行ってきたのも、先の大戦での苦い経験を踏まえてのことなんです。


 華々しい内容ではないのですが、日本が置かれた戦略的な環境を理解し、多大な犠牲を払って得た「戦訓」を将来に活かしていくための一助になるんじゃないか……と。
[PR]
by nakadashi_tomo | 2014-05-26 17:18 | ミリタリー | Trackback | Comments(0)

ラジニ新作『コーチャダイヤーン』5月23日(金)全世界で公開!!

 『ムトゥ』などでおなじみ、スーパースター・ラジニカーント主演の最新作『コーチャダイヤーン』が、ついに昨日(5月23日)から全世界で公開!!

 「ラジニ.JP」さんが詳しくツイートしてらっしゃるので、そちらを参照するかたちでご紹介!!



  「ラジニ.JP」さんによると、初日から上映しているのは、インド、スリランカ、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、デンマーク、スイス、イタリア、UAE、カタール、・クウェート、バーレーン、オマーン、アメリカ、カナダ、モーリシャス、ベルギー、南アフリカ、ノルウェー、スウェーデンの、27ヶ国(と地域)の、3,500スクリーン以上!!



 この作品、なんとフルCG!!
 (モーションキャプチャーです)
 2Dだけでなく、3D上映も!!



 インドでは上映前から、上映に向けたさまざまな準備が進みます。
 名物・巨大看板も!! 



 「初日、しかも初回に観たい!!」というのは、日本だけではないようです。
 熱心すぎるファンがヒートアップ!!(注:暴動ではありません)



 現地のテレビも、待望の新作公開を報じています。



 映画館の中は、そりゃもうご期待通りの興奮のるつぼに!!
 (注:次の動画2本、大音量なのでボリュームにご注意!!)




 早く日本でも観たいですね!!

 あ、インドでは上映スタートを記念して、こんなリクシャー(3輪タクシー)も走ってるようですよ。



 ……このリクシャー、自家用に1台欲しいンですが……(もちろん、このラジニ旗とラジニポスター付きで!!)
[PR]
by nakadashi_tomo | 2014-05-24 20:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)